Mandheling Lasuna Lintong
産地名:スマトラ島
栽培区:リントンニフタ地区
標高:1200~1400m
品種:ティピカアラビカ種
精製方法:セミウオッシュド
スマトラ島北西部で収穫されるスマトラコーヒーの1つがマンデリンと呼ばれています。 ラスナリントンは、リントン地区で採れる”昔から在る物”という意味です。
生産性向上のために品種改良が行われているインドネシアの中でも、在来種を100%守り続けるコーヒー豆
それがMandheling Lasuna Lintong(マンデリン ラスナリントン)です。

北スマトラトバ湖の南、リントンニフタ地区の標高1,200~1,400メートルの高地で栽培されています。
リントンニフタ地区は高度、気温、雨量その他の気象条件がコーヒー栽培に最適であり、精製方法もセミウオッシュドであるため多様な味が失われずに豆に残っています。

栽培方法は小規模農法を守っている事から収穫量は少なめなため、通年入荷しにくいことが希少性を高めています。
在来種特有のまろやかな香りとパンチのある野性味がバランスされた自然な味わいを是非お試しください。